いぼは治療で治せる時代|打ってつけの改善策

ウーマン

気になる肌問題の解決方法

カウンセリング

病院で肌トラブルを解決

男性も女性も悩まされる肌の問題の一つに、いぼがあります。小さなものから大きなものまで、いろいろな種類が存在していますが、特に気になるのが目立つ位置にあるものです。いぼは、美容外科や病院の皮膚科で治療を行うことで、除去することが可能です。個人で治療することができるのでは、と考える人もいるかもしれませんが、最善の除去方法は専門医に任せることです。いぼにはさまざまな種類があり、個人ではその種類を見極めづらく、最適な方法で除去することが難しいのです。専門医に診断してもらうことで、適切な処置で効率よく除去してもらうことが可能になります。また、まれに悪性のものである可能性も存在するので、早期発見のためにも専門の機関にかかることをおすすめします。いぼの除去にはいくつかの方法があって、まず一つ目はレーザー治療法です。レーザーでいぼを根こそぎ蒸散させるので、再発もまれで跡も残りにくいです。顔などの目立つ位置にある人におすすめの方法です。出血もなく痛みも少ないので、安心して治療を受けることができるというのも嬉しい点です。また、保険が適用される場合もある治療法なので、その点も安心できます。大きい、ウイルス性のものである、特殊な場所にある、といったものの場合は、切開切除法がおすすめです。レーザーでは除去しきれないようないぼは、メスを使って切除し、縫合することで治療することができます。しかしレーザーとは異なり、少し傷跡が残ってしまうため、目立つ位置にあるものには向かない治療法になります。他には、局所注射法によって除去する方法もあって、これはウイルス性のものに有効です。患部に局所注射で薬剤を注入すると、数日後にかさぶたになったり黒色に変色したりして取れます。レーザーや切開切除法よりも手軽にできるのは、液体窒素による凍結療法です。これはマイナス196℃の液体窒素を患部にあて、いぼ組織を壊死させることによって除去する方法になります。凍結療法は保険が利く場合が多いため、比較的安価に除去することが可能です。しかし、低温やけどを起こすことで組織を壊す方法であるため、人によっては痛みを感じる場合があります。痛みに弱い子どもやお年寄りには向かない方法なので、別の方法で除去しましょう。さらに、凍結療法は、いぼの根に到達するまで何回も行う必要があります。1週間から2週間、場合によっては数ヶ月かかることもあるので、短期間での除去を望んでいる人には向いていないといえます。痛みに強く、長期的な治療が可能な人の場合は、凍結療法を選ぶことでリーズナブルに除去することができるのでおすすめです。痛みが苦手で傷跡が残ることを避けたい人には、薬剤による除去法が向いています。専門の病院で適切な薬を処方してもらうことで、ほとんど痛みを感じずに治療することができます。また、傷跡が残ることもないため目立つ位置にあるいぼの除去に最適です。しかし、数週間から数ヶ月の間、繰り返し行う必要のある方法であるため、早く治したいと考えている人には難しい除去方法になります。悪性のものはもちろん、良性のものでもできることなら取り除きたいいぼは、どんな種類のものなのかしっかりと専門医にかかって見極めてもらい、自分にあった除去方法を選んでください。気になるいぼを治療して、楽しい毎日を送りましょう。