いぼは治療で治せる時代|打ってつけの改善策

ウーマン

さまざまな方法がある

鏡を見る女性

それぞれの特徴を知る

いぼの治療の方法としては、病院などには行かずに市販の薬で治す方法と医療機関を受診して治す方法があります。さまざまな原因で発生するものであることから、自己判断することなく医療機関を受診することで確実に治すほうが大事であると言えます。医療機関において行われる治療方法としては、内服薬を使った方法と液体窒素を使った方法、レーザーを使った方法、そして手術による切除が挙げられます。液体窒素を使った方法はどのようなものであるのかというと、いぼに対して液体窒素を含ませた綿棒などを押し当てて低温やけどを発生させることで取り除く方法です。広く行われている治療方法であることから医療機関を選ばずに受けることができる方法です。小さなものであればその日のうちに治すことも可能です。しかしながら、大きなものであれば一度の治療では十分ではなく、複数回の通院が必要となります。また、痛みを感じる場合があります。そして、液体窒素を使用することで皮膚にシミなどが残る可能性があります。そのことから、顔のいぼなどに対して行う場合には慎重になる必要があります。液体窒素による治療は、目立たない場所のいぼに向いている方法と言えます。また、保険適用となるところがメリットと言えます。レーザーを使った治療方法は、炭酸ガスレーザーをいぼに対して照射することで切除します。レーザーを用いる方法のメリットとしては、治療の回数が少なくて済むということと、治療後にシミになりにくいということです。つまり跡を残さずに治すことができるので、目立つ部分に出来ていてもシミのことをあまり気にせずに施術を受けることができます。また、痛みがほとんどないということも魅力的です。皮膚の奥に入り込んでいる場合にもしっかりと取り除くことが可能です。その一方で、レーザーを用いた方法は治療するためにレーザー機器が必要であることから、受けることができる医療機関が限られます。そのため、事前に調べておく必要がありますし、保険適用とはならないので全額自己負担となります。そのため、複数のいぼがある場合などはいきなりレーザーを照射するのではなく、合計でどのくらいの費用が必要になるかを医師が事前に判断して、それに納得してから治療に入ります。もう一つの方法が手術による切除です。液体窒素を用いた方法やレーザーを用いた方法は比較的小さいいぼに対して有効な方法です。しかしいぼもそのままにしておくと大きくなることもあり、その場合液体窒素やレーザーでの治療が困難となります。そのような場合に手術による切除が選択されます。局所麻酔により痛みが発生しないようにしたうえで切除します。そのため大きさに関係なくきれいに取り除くことができます。麻酔が切れると傷口が完治するまでの期間については痛みを感じることがありますし、傷口を清潔に保つ必要があります。手術による切除においては良性のものであれば必要最低限の切除で行い、悪性の可能性があるならば、将来的なものを見越して切除範囲を決めるなど柔軟に対応できることがメリットです。いずれの方法においても、まずは医師がしっかりと診察して患者の希望を聞きながら最適な方法を選択することとなります。そのため、不安なことや気になることなどは理解できるまで医師に聞くことが重要なことであると言えます。